メイン画像

自分がした仕事の対価の給金があまりにも少ないと愚痴を言う人が多いようですね

自分がした仕事の対価の給金があまりにも少ないと愚痴を言う人が多いようですね。仕事に合ったサラリーというとどの程度を望んでいるのだろう。仕事の量や内容を数字で見て報酬を計算することはありえないと考えます。自分が任された仕事さえ終了すればよいのでなく、全体のことを頭において、自分のポストやお役を熟考して仕事をすることが切望されていることでしょう。だから、額のみを気にするのではなく給料をいただけることに対する感謝の気持ちを表したいものです。

現代の正規の社員の制度をもっとおおざっぱにして柔軟にしようとするのが雇用の規制緩和です。この規制緩和が行われると、長時間の労働非正規雇用の拡大、ワーキングプア(貧困)層が増えるのではと言われます。それから、これまでの、雇用方法が消失することで、勤め先での人間関係が悪化することが気になります。労働の安全性が守られなくなるかもと不安がる声も聞かれます。規制緩和で起こる低い所得や長時間勤務でニッポンの経済が長引く不況から脱出できなくなってしまわないか気がかりです。

パソコンで事務の処理をするOA事務で必要とされるOAスキルってどの程度のものでしょうかね。OAの事務と言うとマイクロソフトのWordとExcelを使用することが多いようですね。そうなるとOA事務職を希望する人はWordとExcelは必須な技術と言えます。そして、プレゼンテーションソフトであるPowerpointやデーターベースソフトのAccessを使えるのであれば、必然的に仕事を選ぶ上で幅が広がってくると言えます。